ボトックスの申し込み【物質が神経から過剰に出てしまう】

表情が自然なものになる

医者

ボトックス注射はフェイスラインをスリムに見せるだけでなく、笑った時の歯茎の目立ちやすさを改善する効果もあります。カウンセリングを受ける前に美容整形外科に相談をする事もできて、疑問を解決してから施術を依頼する事が可能です。

詳しく読む

注射でできる人気の整形

看護師

最近では、プチ整形と言われるような手術の要らない美容整形が増えています。その代表的な方法のひとつであるボトックス注射の話を中心に、治療の特徴や美容整形外科の病院・クリニック選びで大切なことを説明します。

詳しく読む

さまざまな活用方法

注射

自分からどんどん確認する

美容整形外科で利用できるボトックスは、眉間や目尻などの表情じわや表情筋の収集の抑制に役立てることができます。ボトックスを表情筋に注射をするとシワが改善への効果が有名ですが、他にもエラの発達を抑える小顔効果や汗を抑制する多汗症などの治療にも利用することができます。エラの発達を抑える小顔効果には咬筋の発達にアプローチする治療法です。メスを入れない切開しない治療法なのでダウンタイムほとんどなく、治療後効果は3日ぐらいから徐々に現れて、1週間後に自分で実感することができます。ボトックスの利用は麻酔を使いません。そのため身体への負担を減らすことができます。注射の痛みが気になる場合には美容整形外科の先生に確認しています。眉間にある表情じわには、アセチルコリンという物質が神経から過剰に出てしまうと、眉間の筋肉に過剰に動いてしまって徐々にしわが現れてきます。ボトックスは神経からアセチルコリンが過剰に出てしまうことを抑えて筋肉の動きをやわらげて眉間のしわが改善できます。ボトックスはもともと製薬会社の薬剤ですが、最近は同じ効果がある類似しているボツリヌス菌の治療をした薬剤もボトックス治療と呼ばれるようになりました。ボツリヌス菌が使われているボツリヌストキシン製剤の中でも利用をしても安心なものと不安があるものに分かれるため、しっかりと薬剤の見極めが必要です。安心できる薬剤は、もともとのボトックス治療に使われていた薬剤は厚生労働省から認可を受けていて今までの症例数も多くて管理もしっかり行われています。他にもドイツメーカーのもの、韓国のメーカーのものなど種類があります。心配な場合にはクリニックにて使っている薬剤の名称を確認してみることが大切です。施術するクリニックを選ぶときには、医師のスキルや実績もチェックします。はじめてボトックスの薬剤を発表した会社に認定されているかは判断する対象になります。気になることは事前のカウンセリング時にしっかり確認します。ボトックスで注入する量や注射位置やどれぐらいの深さに刺すかはしっかり確認します。

クリニック選びの基準

女性

ボトックス注射を受けるクリニックを選ぶ基準として、痛みに対して工夫を行っているかを確認することをおすすめします。できるだけ細い注射針で施術を行う、アイシングがメニューに含まれていると安心です。費用は使用する薬剤で変わります。

詳しく読む

美を手に入れるために

カウンセリング

美容整形外科でのボトックス治療は、シワ取りや多汗症、ふくらはぎ痩身などで人気です。その理由も治療時間の短さや少ない痛み、安全性が高いことがあげられます。トラブル無く利用するには技術の高いクリニック選びやカウンセリング時に相談をすることです。

詳しく読む

美容効果を知っておく

注射

ボトックスはシミやシワにダイレクトに作用をするという効果があります。注射で注入をすることになるので、体へのダメージも最小限に抑えることができるということもあります。美容整形外科で施術可能となっています。

詳しく読む

Top